基礎 - 空気圧
Automation StudioTM P6.4 

  期間:
      15時間


  場所:
     北米とヨーロッパ

目的
Automation Studio™を使用した空気圧システムの設計、検証、トラブルシューティング、および文書化に必要な基本的な知識とスキルを提供します。

対象読者
Automation Studio™での空気圧の使用方法の学習に関心のある方。

前提条件
空気圧スキル

  • ユーザーインターフェイスに慣れる。
  • プロジェクト構造の管理。
  • ドキュメント標準を選択します。
  • 空気圧コンポーネントとメーカーの製品のライブラリから回路を作成および設計します。
  • コンポーネントデータの設定とパフォーマンスの調整。
  • コンポーネントのサイジング。
  • メカニズムを構築します。
  • 空気圧回路シーケンス。
  • シミュレーション環境を設定します。
  • シミュレーションツールを使用したシステムの動作の分析。
  • システムのトラブルシューティング:障害モード、影響、および結果。
  • プロジェクトドキュメントの更新:部品表(BOM)、表示されたコンポーネント情報、レポート、リビジョン、タイトルブロック。