Logo Automation Studio

はじめに

設置

初期または更新のインストール手順は、製品のバージョンやオペレーティングシステムによって異なる場合があります。 インストールプロセスを通じてサポートを提供します。


1. フルインストール

 新しいバージョンのインストール:

  1. お使いのコンピューターは、 次の 最小要件を満たしている必要があります。
  2. テクニカルサポートポータルからAutomation Studio™をダウンロードします
  3. ソフトウェアをインストールします。 インストールガイドは、インストーラー自体に提供されています。

Automation Studioのインストール


ネットワークライセンスをお持ちの場合は、ライセンスマネージャーを使用してライセンスを管理する必要があります(最新バージョンはテクニカルサポートポータルで入手できます)。 ライセンスマネージャーを32ビットまたは64ビットでダウンロード、インストール、および構成します。 インストールプロセスのユーザーガイドを利用できます。

Automation Studio License Managerのインストール

Automation Studio™インストールガイド
このガイドは、ソフトウェアのインストールに役立つ情報を提供します。ダウンロード

Automation Studio™ License Manager インストールガイド
このガイドでは、ネットワークライセンスのインストールと構成に役立つ情報を提供します。 ダウンロード


2. サービスリリース

サービスリリース(SR)は「既存の」メジャーバージョンの更新であり、「新しい」メジャーバージョンと混同しないでください。最新のサービスリリースをダウンロードして、Automation Studio™機能を最大限に活用してください。ソフトウェアの設定を調整して、新しいアップデートが利用可能になったときに通知を受け取ります。年間メンテナンス&テクニカルサポートプラン のユーザーは、電子メールでサービスリリース通知を自動的に受信します。 

サービスリリースのインストール:

  1. インストールされているバージョンを確認します:Pro、Edu、32または64ビット。
  2. 使用しているバージョンに対応する更新されたファイルを特定します。 更新ファイルは、 製品リストでUで始まるファイルとして識別されます (フルバージョンに対応するPに対して)。
  3. アップデートをダウンロードしてインストールします。
  4. 大量展開の場合は、「 "。msi"」ファイルを使用します。

 

最小要件

最新のAutomation Studio™リリース6.4をダウンロードする前に、 コンピューター が以下の最小要件を満たしていることを確認する必要があります。


Automation Studio™ プロフェショナル版:

  • 有効なAutomation Studio™Professionalライセンス。
  • オペレーティングシステムプロフェショナル版(32ビットまたは64ビット): Windows 7 SP1、8、8.1、10またはWindows Server 2008R2 SP1、2012、2012R2およびServer 2016-サーバーマシンにAutomation Studio™をインストールすることは推奨されません。
  • CPU: Intel®Core™I7 Quad-Coreを推奨します。 Automation Studio™は、マルチコアプロセッサを活用しています。
  • メモリ: 32ビットバージョンでは4 GB、64ビットバージョンでは8 GB。
  • グラフィックカード: 1GB以上のビデオメモリ。 3DモジュールにはOpenGL 2.0またはDirect3D 11のサポートが必要です。
  • ディスク容量: 5 GBの空き容量が推奨されます。 メーカーのカタログには追加のスペースが必要になる場合があります。
  • 保護キーをサポートするには、USBポートが必要です。

Automation Studio™ 教育版:


  • 有効なAutomation Studio™教育ライセンス。
  • オペレーティングシステムプロフェショナル版(32ビットまたは64ビット):Windows 7 SP1、8、8.1、10またはWindows Server 2008R2 SP1、2012、2012R2およびServer 2016-サーバーマシンにAutomation Studio™をインストールすることは推奨されません。
  • CPU: Intel®Core™または同等のもの。 Automation Studio™は、マルチコアプロセッサを活用しています。
  • メモリー: 4 GB。
  • グラフィックカード: 1 GB以上のビデオメモリ。 3DモジュールにはOpenGL 2.0またはDirect3D 11のサポートが必要です。
  • ディスク容量: 5 GBの空き容量が推奨されます。 メーカーの カタログ には追加のスペースが必要になる場合があります。
  • ポート: 保護キーをサポートするために必要なUSBポート。

Automation Studio™ Project Server(マルチユーザーのみ):

  • オペレーティングシステムプロフェショナル版(32ビットまたは64ビット): Windows 7 SP1、8、8.1、10またはWindows Server 2008R2 SP1、2012、2012R2、およびServer 2016。
  • CPU: Intel Core 2 Duo 1.83 GHzまたは同等。
  • 推奨: Intel Core 2 Quad。
  • メモリー: 3 GB。
  • グラフィックカード: 512 MB以上のビデオメモリ、最小1024 x 768の画面解像度。
  • ディスク容量: 500MBの空き容量。

Automation Studio™ライセンスマネージャー:

  • オペレーティングシステムProfessional Edition(32ビットまたは64ビット): Windows 7 SP1、8、8.1、10またはWindows Server 2008R2 SP1、2012、2012R2、およびServer 2016。
  • プロトコル: TCP/IP。
  • ディスク容量: 100 MBのハードディスク空き容量。
  • ポート: 保護キーをサポートするために必要なUSBポート

 

製品登録

ライセンスを登録すると、テクニカルサポートへのアクセスが許可され、新しいバージョン、アップグレード、およびサービスリリースに関する情報が常に得られます。 製品登録は、Automation Studio™ドングルが紛失または盗難にあった場合にも役立ちます。


今すぐ登録

 

クイックスタートガイド

Automation Studio™の新規ユーザーであっても、単にソフトウェアに関する知識を更新したいだけであっても、これらのクイックスタートガイドは必要なものです。 各テクノロジーについて、基本的な操作とは何か、回路を構築およびシミュレートする方法、コンポーネントの技術的特性を変更する方法、および制御を回路にリンクする方法を発見してください。

(IEC : 欧州規格 – JIC, NEMA : 米国規格)


デジタル・エレクトロニクス