Logo Automation Studio Professional

油圧ブロック
マニホールドモジュールR

Hydraulic circuit simulated with Automation Studio Professional Edition software

油圧ブロックマニホールドモジュール

最も効果的な油圧マニホールドブロックの設計、プロトタイピング、検証、および製造ソフトウェアソリューション。数々のメーカーカタログからのカートリッジバルブを使用可能です。このモジュールは、信じられないほど洗練された「自動作成ブロック」アルゴリズムとカスタマイズ可能な設計設定オプションにより、数百のマニホールドソリューションの自動プロトタイピングを短時間で可能にします。

ブロックマニホールド回路図を設計

最初に、メーカーのカタログのコンポーネントを使用して、Automation Studio™ 回路図でマシンを作成します。 これらのコンポーネントには、シミュレーションに必要なすべてのパラメータがすでに含まれていますが、キャビティ(空洞)、接続ポート、3D寸法などのブロックマニホールド設計に必要な特定のデータも含まれています。

マニホールドブロック設定とキャビティマネージャー

ブロックの設計におけるデフォルトの設計設定とオプションを簡単に管理できます。 コンポーネントの配置、クリアランスのルール、ドリルのルール、ドリルセット、穴の閉鎖、およびその他の多くのオプションの優先面を定義できます。

コンポーネントにキャビティがない場合は、キャビティマネージャを使用して要件に基づいてキャビティを作成できます。

複数のブロックマニホールド設計ソリューションを自動的に生成

油圧ブロックマニホールドワークショップで提供されるいくつかの機能の中で、「自動作成ブロック」自動作成機能は、設計プロセスの時間を大幅に節約します。 ブロックの100のソリューションを生成するには、数秒で十分です。 設定オプションを変更して、標準と要件に応じてソリューションを絞り込むことができます。

手動操作の支援

手動操作は、油圧ブロックマニホールドの設計用に最適化されており、可動コンポーネントやチャネルなどのソリューションを簡単に変更できます。 ポートの直径、ドリルリスト、クロージャープラグのタイプ、ブロックの押し出しは、自由に使用できる機器に応じて簡単に調整できる要素の例です。

ブロック性能シミュレーション

Automation Studio™で有名なシミュレーションの力を使用して、マニホールド内の圧力、流量、温度などのブロックのパフォーマンスをチェックし、製造前の動作を検証して、プロトタイピングフェーズの時間とコストを節約します。

技術図面と製造図面

このワークショップは、油圧ブロックマニホールドの作成を最適化するために設計されました。 ブロックは迅速に設計されるだけでなく、必要なすべてのレポートも迅速に設計されます。 自動ルーティング機能と同様に、レポートは設定に基づいて自動的に生成できます。 利用可能なレポートには、ドリルリスト、寸法、参照、直交ビュー、コンポーネントのリスト、2D油圧マニホールド回路を含む技術図面と製造図面がすべて数回クリックするだけで含まれます。 完全なレポートを生成することもできます。 さらに、油圧ブロックマニホールドはSTEP、XML、およびCADでエクスポートできるため、マニフォールドの生産のための情報を送信する事ができます。